海外旅行 団体ツアーは体力が必要です!⑦元ツアコンひとりごと

スポンサーリンク


団体ツアーに参加するなら足腰を鍛えましょう!

こんにちわ!

今日は「団体ツアーの観光」はどんなものなのか?をお話しさせていただきますね!

観光はとにかく歩きます!

団体旅行が多いヨーロッパの歩道は、ほとんどが石畳です。昔から変わらない、古い石畳…日本のように「歩きやすい舗装された歩道」を期待してはいけません。

古いもの=価値のあるもの、という文化がヨーロッパなのです。

なので、ヒールのある靴で長時間歩いたら…靴はボロボロ、足は痛い!なんてことになるのでお客様には「履き慣れたスニーカー」をいつもオススメしていました(^^;)

団体旅行のいいところは「観光地」をバスで廻ってくれること、です。自力で廻るよりずっと早く、時間のロスがありません。

しかし…多くのお客様が勘違いしていることは…観光場所の目の前でバスが止まる、と思っていることです。

いえいえ、そんな近くにバスは止められません。なので、バスから降りて5〜10分ほど「歩く」のです。

ローマのコロッセオ
トレビの泉 背後を向いてコインを投げると幸せになれる!

ではローマの市内観光を例にあげてみましょう。

入場する→バチカン(サン・ピエトロ寺院、美術館など)
コロッセオ、真実の口(サンタマリア・インコスメディアン)

近くで見る→トレビの泉

車窓→フォロ・ロマーノ、ヴェネチア広場など

☆ローマの休日で有名な「スペイン階段」の観光はほとんどのツアーには付いていません。

これらの観光地の数百メートル離れた場所にバスは止まります。
なので、バスから降りて歩く→観光地内を歩く→バスに戻るために歩く…
この繰り返しなので…半日観光でもかなりの歩数になるわけです。

ツラかったのはこんなコース!

①ロンドン・ローマ・パリの美術館巡り

各都市の美術館、博物館をじっくり廻るコース。

午前中に市内観光を済ませてランチ。午後は美術館をガイド付きでじっくり廻ります。

一日中立ちっぱなしなので…かなりツライ(゚o゚;;思わず…座りたい!と。

夜には足がパンパンになります(笑)

ロンドンの大英博物館

②暑い時期のエジプト

ピラミッドは内部の狭い道をひたすら登ります。

王家の谷・墓の観光も、とにかく歩く(^^;)

暑い時期は各自1リットルのペットボトルの水をホテルから持って出ますが…

暑い中を歩くので汗を大量にかきます。なので誰もトイレに行きません>_<

ギザのピラミッド

バスで王家の谷に着いた時、「観光に行かないでバスの中で待っていてもいいですか?」と言いだしたお客様もいました(^^;)

もちろんOKなのですが、「私もバスで待っていたい!」と内心は思ったくらい、ツラかった…暑いし、歩きたくなーい!

おまけにエジプト観光は、お腹を壊したり体調が悪くなる人続出です。

スポンサーリンク


まとめ〜海外団体旅行は体力があるうちに!

ヨーロッパ方面は日本から遠いので、ツアーの日程も長いものが多いです。

なので「時間がある定年後に」と考えている方も多いのでは?(お客様は年配のご夫婦が多かったです)

もちろん「体力」があれば、年齢は関係ありません。若くても、ツアー中体調を崩しホテルでお留守番…になったお客様もたくさんいました。

なので、体力には個人差もあるし、人それぞれ事情もあるので一概には言えませんが…

私のオススメは「行きたいと思った時に行く!体力に自信があるうちに行く!」になりまーす(๑・̑◡・̑๑)

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました😊

スポンサーリンク