年金 金額が少ない 老後が不安な方へ

こんにちわ!

私と同世代のみなさん!

(因みに私は50代前半です)

来るべき「老後」について、真剣に考えたことありますか?

私はと言うと…

正直「不安」なことばかり頭に浮かびます。

家のローンが…たっぷり残ってる。

子供4人も育てたんだから、貯金なんてなーい( ; ; )

老後なんて…想像しただけでも恐ろしい。

考えたくない!!

って逃げてばかりいます(^^;

が…そんな「不安」をすこーし取り除いてくれる情報を見つけました!!

ご紹介しますね!

自分の年金額を知り、貯金を始める

まずは、自分が将来受け取れる年金額を「年金定期便」や「年金ネット」などでしっかり把握しましょう。

そして「やっぱり足りない」と判ったら出来るだけ早く貯金を始めましょう。

仕事は…定年退職や再雇用が終了しても生活費を稼ぐため、また、少しでも貯金を増やすため働き続ける覚悟が必要!です(^^;

そう言えば…

うちの近所のスーパーで「アルバイト募集 60代まで」って張り紙がありました。

大丈夫!

元気なら69歳まで仕事はあります!!

年金受け取りは70歳から

頑張って働き年金の受け取りは70歳からがいいです。

なぜ?

年金額が65歳で受け取り始めるより

42%割増されるからです。

この割増は死ぬまで続くので、大きいですよね!

でも中には「早く死んじゃったら損じゃない?」と思う方も多いかもしれません。

でもそれよりも年金収入を増やすことを考えた方がいい、と私は思います。(なにしろ貯金がないもので)

スポンサードリンク


持ち家があればリバースモーゲージもある!

リバースモゲージとは持ち家(不動産)を担保にお金を借り、死亡後に売却してお金を返済するものです。

年金や退職金だけでは不安…

そんな55〜60歳位の方から、今注目され始めている銀行のローン制度です。

定年後に住宅ローンが残っている場合でもこのリバースモゲージを利用して一括返済が可能なので利用者が急増しています。

契約者または、夫婦の両方が亡くなった後、銀行が担保にしていた不動産を売却して現金化し、そのお金で融資を回収するというシステムです。

お金が残った場合は、遺族に返還されます。

不動産を担保とするなら不動産担保ローンもありますが、こちらは返済期限があり、毎月元本と利息の返済が必要。

でもリバースモーゲージなら、契約者が生きている間は返済不要か、利息のみを払うだけなので負担が小さいです。

ここが大きなメリットです!!

もし、契約者が亡くなっても返済資金が別にあれば、家を売らずに相続するのも可能です(返済時の条件は金融機関により異なります)。

借りられるのは、不動産の評価額の50~80%程度までになっています。

働かなくなったり、貯金が底をついた時にはこんな手もあるんですね。

最近、リバースモーゲージを取り扱う銀行は増えていますが、所在地が限定されていたり、対象は戸建て住宅のみだったり…

評価額が一定額以上でないと利用できない、などの条件に合わない場合もあります。

金融機関により条件は様々なので、まずは各金融機関でお問い合わせください(o^^o)

社会福祉協議会へ問い合わせる

金融機関のリバースモゲージが利用できない…

そんな場合は社会福祉協議会へ。

公的なリバースモーゲージと言われている「不動産担保型生活資金」を利用できるかもしれません。

「不動産担保型生活資金」とは、民間の金融機関ではなく、社会福祉協議会が行なっている「リバースモゲージ」です。

これも対象者と物件に条件がありますが、低所得の高齢者を救済する制度なので年金が少ない人は対象になりやすいようです。

詳しくは下記のリンクでご確認くださいね。

社会福祉協議会☆不動産担保型生活資金

まとめ

今まで子供達を育てるためだけに毎日走り続けてきました。

そして、気が付けば…老後は目の前(笑)

末娘も来春から大学生。

まだまだお金がかかります(^^;

不安だらけの「老後」ですが、いざとなったらどうにかなるもんだー!って今回のリサーチでわかり…

ちょっとだけホッとしました(o^^o)

心配ばかりしてもお金は降ってこないので…

また明日から仕事、節約、貯金に頑張って行こう!と思います。

今日の情報がみなさんのお役に立てれば嬉しいです。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました😊

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする