音大受験ピアノ 合格するには?練習時間・音大の先生の見つけ方

いよいよ大学の一般入試が始まりますね。

我が家の末娘は、指定校推薦で〇〇音楽大学に合格しました。

なぜ音大の指定校が高校にくるのか??

それは…娘の高校は、私立高校の音楽科だから、です。

しかし、指定校推薦といっても音大なので、実技試験はしっかりあります。

ここでは娘の高校の音楽科を参考にお話をさせていただきますね!

☆国立、公立の芸術大学は全く別物です。ここではあくまで私立大学のお話ですので、ご注意ください。

現在の私立音大事情

首都圏の音大になりますが、その昔は、かなりの腕前がないと合格は難しかった、そうです。

でも今は…普通大学と同じく、少子化の影響なのか?人気がなくなっているのか?

理由はハッキリとはわかりませんが、昔よりはそんなにレベルが高くなくても合格できてしまうようです。

音大も生き残らなければならないので、よほどでない限り「不合格」は出さない、と言われています。

もちろん、合格レベルは音大により様々ですが…

音大のレベルとは?

レベルといっても多種多様な楽器を学べるのが音大です。

なので、ここが最高レベル!と簡単に決めることはできません。

例えばになりますが…

声楽の国立音大、バイオリン・ピアノの桐朋音大…実技試験の合格レベルも高いと一般的には言われてます。

しかし…実際は、現在の音大は「広き門」

競争率も1.0〜1.5倍ほどです。

率直に言ってしまうと、ある程度弾けるなら少々のミスがあっても、誰でも、どこの音大でも合格できる!のが実情だと思います。

なので…大学内の学生のレベルの幅も広いので、この大学が1番!と「音大のレベル」をはっきりと決めることはできないです。

(率直に言えば…上手な生徒も、それほどでもない生徒も同じ大学にいる、ということです)

スポンサードリンク

合格するための本人のレベルは?

では合格できる「本人のレベル」とはどれくらいなのでしょうか?

多くの音大が課題曲にしている「ショパンエチュード」を例にしてみます。

志望校によりますが、老舗の有名音大などを目指すのであれば、高校1年生の終わりまでに、「黒鍵」や「エオリアンハープ」などをキチンと(スピードも含め)弾けることが、1つの目安になるようです。

高校2年で「革命」や「大洋」を弾いている生徒が多いです。

そして、高校3年でOP10-4、10-7、25-5などを受験のために練習します。

だいたい、曲の譜読みを始めてから3〜4ヶ月で仕上げることができる、というのがレベルの目安になると思います。

ショパンエチュードは、「テクニック」が無いと弾けません。長い年月コツコツと練習していた人のみが「弾きこなせる」練習曲なのです。

だから音大でも実技試験の課題曲しているなかもしれません。そして、試験官は本人のテクニックをこのエチュードを通して見ているのではないでしょうか。

音大の先生のレッスン・探し方

音大受験を目指す場合、志望校の先生にレッスンしてもらう…これは常識、となってます。

音大の先生の見つけ方

① 教わっているピアノの先生、知り合いなどを通して紹介してもらう

②大学の夏期講習でレッスンしてもらった先生にお願いする

(夏期講習の先生は指名できます。予め調べておいて、希望する先生にお願いするのが一番いいと思います)

レッスン代は、1回(約2時間)で¥15000〜20000が相場です。先生によっては、毎回、外の会場を予約し、その会場費も生徒が負担する…というケースもあります。

だいたい、2週間に1回のレッスンがあり、受験日1ヵ月前からは毎週になります。

初めてのレッスンには、親子でご挨拶に伺い、合格後も伺います。(菓子折り、謝礼持参です(^^;)

また入学後も引き続きその先生にレッスンをしてもらう事になるのですが…どうしても合わない!相性が悪い…となった場合は、先生を変えてもらうこともできます。

4年間もあるんです。ひたすら我慢…なんてことをする必要ありません。遠慮せず、申し出ましょう。

受験までの練習時間

娘の場合ですので、あくまでも参考にしてくださいね。

3年になった春、志望校を決めてからは、平日は3時間、土日は6時間。夏休みも6時間。これを日課に頑張っていました。

よく、「音大受験て、指先から血が出るくらい練習する」なんて聞きますが…そんなことは、ありません(^^;

受験の課題曲

娘が準備したものです。⬇️

バッハ、ショパンエチュード:10-4、10-5、

ベートーベン・ソナタ「告別」全楽章

当日、ソナタは全部ではなく3楽章の途中まで、だったそうです。

ほとんどの音大が、バッハ、ショパンエチュード、ソナタが課題曲になってます。(一部例外もあり)

スポンサードリンク

音大生は就職にも強い?!

また、現在は学生の企業への就職にも力を入れている音大も多くあります。

銀行、航空会社、商社など、音楽とは無縁の会社へ就職する学生もたくさんいます。

1つの事をずっとやり続けてきた事が企業から評価される、そうです。

確かに、幼稚園からずっと続けるって、大変な事ですよね?親も子も。

まとめ

現在の音大の合格競争率は低いです。

もし、ピアノが好きだけど音大は無理?と思っていたら…

昔とは違うんです!大丈夫です!

しっかり練習をして、是非挑戦してくださいね!

関連記事☆習い事ピアノどうすれば続く?

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました😊

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする