幼稚園のお弁当 好き嫌いなんて気にしない!

幼稚園 大切なのは「楽しく過ごす」では?

春もすぐそこですね!4月は入園、入学etc

親子で新生活が始まる忙しい月ですね。

初めての子供が幼稚園入園…子供本人以上にママも不安でいっぱいなのでは?

集団生活大丈夫かな?規則正しい生活ができるかな?

そして…毎日作る「お弁当」が最も悩みのタネなのではないでしょうか?(私はめちゃ憂鬱でした(^^;)

何を入れればいいのかな?野菜、魚は嫌いだし…どうやったら食べてくれるかな?

ホントに悩んだものです。

そして考えたり、悩んだり、子供達の声も聞いたりして…最終的にはこうしてました!

私の体験です。賛否両論あると思いますが…参考程度にお読みくださいね^ ^

長男の幼稚園のお弁当「嫌い」なものは入れない!

幼稚園でお友達と一緒なら、嫌いなものでも頑張って食べてくれるかな?

そんな期待をしながら緑の野菜や赤いトマトなどを入れたお弁当を持たせていたけど…嫌いなものは、しっかり残して帰ってきていた長男(^^;

可愛い形にしてみたり、ほんの少しだけどキャラ弁風にしてみたり…私なりに工夫をしたつもりでした。が…

周りの目など全く気にしない、頑固な長男は「嫌いなものは食べない」と。

そして、ある日こんな事を長男からお願いされちゃいました。

息子「嫌いな食べ物をお弁当に入れないで!全部食べないと先生に怒られるし、食べないと外で遊べないから」(怒られる、と言うけどおそらく先生は[頑張って食べて]とやさしく指導してくださるだけです)

私「だったら、頑張って食べてみれば?」

長男「ムリ。お願いだから…早く食べて外で遊びたいから…」

幼稚園では先生に、空のお弁当箱を見せて(全部残さず食べた証拠?)先生のオッケーをもらえた子だけ、外で遊べる…という決まりだったようです。

うーん…このまま息子の「お願い」を無視して「嫌いなもの」を入れ続けても…「お弁当の時間」が「憂鬱、イライラ、ブルーな時間」になってしまうのでは?

と考え直し、翌日から息子の「嫌い食べ物」は一切入れず「好きなものだけ」を入れるようにしました。

あまいのかもしれませんが、とにかく「幼稚園は楽しい!」と思って欲しかったからです。

おかげで、息子のお弁当はほとんど「茶色」でしたが…とにかく、残さず食べてくれるようになったことが、私も嬉しかったです。

スポンサードリンク


娘達のお弁当  1つだけ「嫌いな食べ物」を入れてみた

周りの目、先生の目が気になる娘達は「ほんの少し」なら嫌いなものでも、頑張って食べてきていました。

おだてたり、褒めたりすれば「頑張る」性格の子供なら、「嫌いな食べ物を1つだけ」お弁当に入れてもオッケーです。

家では決して食べないものでも、幼稚園では「早く遊びたい。先生になんか言われたくない。」との思いから頑張っていたようです。

家に帰ってから「ミニトマトを入れないで!吐きそうになった…」と娘が言っていたけど(笑)

栄養バランスや見た目は大事だけど

まだ幼い子供が、大好きなママから離れ、一日を頑張って幼稚園で過ごすんです。

わがままを言いたくても、ママに甘えたくても…家族、家庭から離れて頑張っているんです!

確かに「なんでも食べられる」子供の方が親としては安心だけど…

好き嫌いは、家での夜ご飯の時にママと一緒に克服していく…でもいいと思います。

楽しみな幼稚園でのお弁当の時間に、ふたを開けたら…嫌いだったり、苦手な食べ物が目に飛び込んできたら…

大人だって「どうしよう…?」って思っちゃいますよね?(^^;

スポンサードリンク


お弁当の量は「いつもより少なめ」がいい

我が家の子供達のお弁当はいつも食べる量よりも少なめでした。

早く食べられる子は別として、普通または遅い子は簡単かつ少なめが子供にとっては有り難いお弁当です。

簡単=食べやすい

・ごはんは小さなおにぎりにする

・おかずは一口サイズがいいです。おはしでカットしたりするのは、子供にとっては負担です。

親としては「たくさん食べて大きくなって欲しい」と思うのが当たり前ですが、幼稚園ではみんなと一緒に食べ終わることがとっても大事です。

また、入園前に幼稚園から「お弁当は少なめに」とお話しもありました。

食べ終わるのが、お友達よりすごく遅くなってしまったり、いつも一番最後になってしまったり…想像しただけで可哀想ですよね?

なので、お弁当の時の様子を幼稚園の先生に尋ねてみたり、子供と相談したりしながらお弁当を作るといいですね!

まとめ

私のつたない体験からお話しさせていただきましたが、参考になりましたでしょうか?

小さな我が子が、とにかく楽しく幼稚園に通ってくれることだけを考えれば…

お弁当も「楽しく」食べられるものを選んで作ってあげればいいのではないでしょうか?

小さな子供の「好き嫌い」なんて、そのうち直るし、ちょっとくらい偏食でもちゃーんと大きくなります。

なので…好き嫌いなんて気にせず、毎日楽しく幼稚園に行けるよう、ママはサポートしてあげてくださいね!

関連記事☆子供の好き嫌いに悩まない

スポンサードリンク