音大 入学式の服装は?出席して観てきました〜

派手さの無い厳かな入学式

末娘の音大、ピアノ・弦楽器で有名な東京にある、私立音大の入学式に参加してきました。

入学者は全員で百数十名。一般の大学に比べると、とてもこじんまりとした…静かーな入学式です。

この立て看板以外、何もない〜シンプル〜

音大の新入学生の服装はスーツが圧倒的に多い

音大の入学式って、学生は何を着ていくの?って思いますよね?スーツではなく、華やかなワンピースを着ていく?とか。

娘のピアノの先生が学生だった数十年前は、華やかなワンピースを着て出席したそうですが…

現在は9割以上、紺色か黒色の普通のスーツです。男子も同様に、スーツにネクタイです。

音大生も一般企業に就職する時代なので、「就活」にも利用できるスーツを用意した家庭も多いのでは?と考えられます。


スポンサードリンク


参列するママ達の服装は?

親達の服装も「普通」。スーツ、ワンピース、中にはお着物の方もいます。

ただ、音大生の親の中には自身も「音大出身」も多いので、「それっぽい服装」の方も少しですが、見受けられました。

音大・入学式次第はこんな感じです

最初に在学生の代表による「弦楽四十奏」の演奏があります。さすが、大学生!メチャメチャ上手いし、素敵な演奏で、うっとりしました〜

次に入学者全員の名前の読み上げがあります。全員と言っても「百数十名」なので、あっという間に終わります。

それから、学校長、来賓のお話、教職員紹介(数人の先生だけ)で…1時間で終了。

あっけない…というか、なんというか…アッサリとした入学式でした(^^;

☆入学式終了後、学生だけで記念撮影があります。


スポンサードリンク


まとめ

音大の入学式といっても、内容も服装も、現在は一般の大学とほぼ同じです。

ただ、どこの音大も在校生の「演奏」から式典は始まるようです。

また、式全体が、学生数が少ないからか?ざわつくこともなく、とにかく、ずーっと「物静かな雰囲気」でした。学校長のお話も「そっと語りかけるよう」なお話で…体育会系とは真逆です。

違うのは、学生数が少ないので先生との距離も近く「アットホーム」な雰囲気を感じました。

大学に通い始めた娘も「いろんな人とすぐに仲良くなれる」と言っています。

また、音大にもよるのかもしれませんが、全体的に真面目そうな学生が多い気がします。(外見的にはそう見えます)

音大の最終授業の終了時間は17:30です。急いで家に帰り、練習をしなければならない、からです。「音楽」を選んだ学生達に遊ぶ暇はありません^^;

話が逸れてしまいました(^^;

音大の入学式は、ほとんどの学生が普通のスーツを着用しています。(就活生と間違えてしまう感じです)

来年、音大を目指す方に、この情報がお役に立てれば嬉しいです。頑張ってください!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする